旅行・写真スレが多めの2ちゃんねるまとめサイト跡地

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサー広告 | CM(-) | [ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも豊臣秀吉の死後に豊臣秀次が後継者になっていたら?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歴史・文化系 | CM(-) | [ 2011/07/19 20:40 ]
0719th1.jpg





77:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/07/17(日) 14:15:01.46 ID:pNyCVqAPO
殺生関白か
この人で大河やれよ



30:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/17(日) 13:29:16.30 ID:Mw102p7H0
独眼竜政宗で陣内孝則が演じてた秀次がすごく印象に残ってる


255:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/18(月) 15:08:11.16 ID:AY170ToF0
>>30
そうそう、俺も秀次と聞いて思い浮かべるのは陣内孝則だ


2:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/07/17(日) 13:00:20.60 ID:SBd68bAf0
誰がなっても家康がねじ伏せただろ。


15:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/17(日) 13:07:14.46 ID:Oz+74Sls0
>>2
秀次は人望が厚かったから、豊臣は続いていただろうな。
秀吉の側近たちが、秀吉に逆らってまで 秀次を高野山に出家させたのが、その証拠。
出家したものを切腹させるなんて、前代未聞。



134:名無しさん@涙目です。(西日本):2011/07/17(日) 19:33:01.88 ID:gUFkMLei0
生きてたら秀吉死んだとき32くらいなんだよね
しかも関白
これはでかい

石田三成(引退してた5奉行の1人)ですらあれだけの戦を仕掛けられたんだから、
家康といえども軽々に手を出せなかっただろうな
もちろん三成と対立したところを家康に突かれる可能性はでかいけど、
若い頃に家康にやられてる分、家康を過小評価はしないだろうしな


9:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/07/17(日) 13:04:13.56 ID:I7HBXC5f0
実際にはそんなひどい人じゃないっていうけど、どうなんだろうね


14:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/17(日) 13:06:54.31 ID:mxABWG3c0
>>9
粛正を正当化するための言いがかりだろう


92:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/07/17(日) 14:24:55.26 ID:UiX9/eP80
こういう歴史のif話は大好き
実際に生きてたら秀頼側と対立してただろうな


13:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/07/17(日) 13:06:24.95 ID:4sA3TCuH0
秀次派と秀頼派で権力争いになり
それを巧みに利用して権力を増大させる家康


25:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/07/17(日) 13:23:03.30 ID:BqJhAd890
秀次が生きてれいれば、
秀頼が幼少のゆえ家康が摂政となって政治を取り仕切ることが無くなる。
これはかなり大きい。

家康が事実上の摂政だったからこそ、かなり好き勝手なことが出来、
行動に大義名分が出来たわけだが、これが失われるわけだからな。
少なくとも秀頼が後継者となるよりは、豊臣の天下が続いた可能性が高いだろう。



34:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/17(日) 13:35:10.88 ID:yNthw+Lq0
>>25
秀頼と秀次の生存は両立しないと思う


252:名無しさん@涙目です。(山形県):2011/07/18(月) 15:05:36.55 ID:BtV9xf+W0
秀次が生きてたら関ヶ原なんて起こらないんだけどな。
関ヶ原ってのはあくまで豊臣家内部の主導権争い。
成人した関白が権力を持っていたら起きない。
秀頼派vs秀次派の争いが起こる可能性は否定できんが。


257:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/07/18(月) 15:13:38.20 ID:6wGkUbWG0
秀次付きだった大名たちで生き残った人のほとんどが
関が原のときに徳川方についてるんだよな


48:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/07/17(日) 13:48:06.72 ID:ZAm8xOC60
秀次が後継になっていたら普通に安泰だったと思うよ

秀次の娘と秀頼の縁組は予定されてたから
まあ秀頼を担ぐ大名がいなければ秀頼も
豊臣一門の大大名として安泰だったんじゃないかな


50:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/17(日) 13:48:40.24 ID:L4XGCRN80
側室多数。大奥の発祥はこいつになってたかも。


52:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/07/17(日) 13:51:00.72 ID:TUh0VgVmO
全く歴史が変わってたかもな
豊臣幕府とか

幼少に公家だかに預けられてたから 農民出身なのに雅やかな文化のたしなみもあったし


57:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/17(日) 13:53:20.69 ID:NwoKpErw0
>>52
秀吉は天才だったけど
後継者やら支配を子々孫々まで続けていく仕組みを
つくれなかったろうな

まあ家康は秀吉の状況を見て考えたんだろうけどな


88:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/17(日) 14:21:49.08 ID:x2Q09kGJ0
>>57
豊臣政権の問題は秀吉への個人崇拝でなりたっていたことだな。
豊臣家への忠誠という形にできなかった。
金を配りすぎたのが失敗だったな。


91:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/07/17(日) 14:24:39.27 ID:p8LAXTBy0
秀吉って大大名を簡単に安堵し過ぎたよね。
100万石を越える領地を認めるのは毛利だけにしといて
他は時間をかけても攻めて領地削れば良かったのに。
徳川250万石とか、マジキチ


113:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/17(日) 16:32:39.96 ID:QM52nO3d0
>>91
直接戦って勝ちきれなかったんだから仕方ない
僻地である関東に追いやるので精一杯
東海道筋を親豊臣大名で固めておけば封じ込めると思ったようだけど、
関が原では完全に裏目ったなw


114:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/17(日) 16:45:53.21 ID:0EKsYsDx0
>>91
小牧長久手で、戦場で何度か負けても、長期戦に持ち込んででも、
とにかく徳川だけは潰す。東国と九州はしばらく放置って腹括れば
豊臣政権は続いたんだろうけど……。

その場合、国内の耕地や産業開発は遅れたまま貿易や海外進出には
熱心とか、大大名がいつまでも残るとかで、日本の近代国家化には
プラスかマイナスかは微妙。


96:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/17(日) 14:28:38.40 ID:D5z9yLkQ0
秀吉が死んだあとの豊臣家の崩壊具合が凄まじいな
加藤清正みたいなのは仕方ないとしても、堀尾吉晴にすら離反されてるし
何がそこまで気に入らなかったんだろうか



98:名無しさん@涙目です。(長野県):2011/07/17(日) 14:31:45.96 ID:ijC+lTvH0
>>96
俺らは家康が豊臣家を滅ぼすって知ってるけど、当時の人にしてみれば
家康は豊臣家の大老、実力実績ともにぴか一、秀頼様の後見人にもっともふさわしいぜ、
って考えたんじゃね?



116:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/17(日) 17:38:48.21 ID:gL82Rxzxi
徳川は領土切り取り次第ってことで朝鮮に転封しちゃえば良かったのに
石高知らないけど朝鮮全土の方がさすがに関八州より上だろうし、
それでも文句言うなら征鮮大将軍でも作ってくれてやればいい


120:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/17(日) 18:11:10.83 ID:1cdXhVJg0
>>116
ゴミの山もらって喜ぶ奴がどこにいるんだ
朝鮮の土地の価値は日本の1/100程度と言われていたのに、家康が受け入れるかよ


117:名無しさん@涙目です。(新潟・東北):2011/07/17(日) 17:41:36.84 ID:wCEot1NsO
家康蝦夷地に配置すりゃ大丈夫


140:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/07/17(日) 20:01:58.80 ID:Rg0OYe/P0
>>117
家康が蝦夷地統治したら、それはそれで面白いことになってたと思うけど、
当時の蝦夷地はあんま経済的な価値を見出されてなかったから、
200万石近い大名を押し込める名目が立たないから無理だなあ。

ほとんどホラ話としてだけど、秀吉は大谷吉継を日ノ本=西蝦夷地に封じたいといったって
記録があったりする。逆に言うと、敦賀5万石の3倍=15万石ぐらいで、
当時の(打出検地)土佐一国と同じぐらいの土地って認識なんだよね。。


131:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/07/17(日) 19:11:47.56 ID:Qggzx+AA0
江戸時代は来なかったろうし、鎖国はやらないから
日本も重商主義時代を迎えていただろうね。

江戸時代は平和で良い時代だが、世界から取り残された
という意味では落ちこぼれていく時代でもある。


295:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/18(月) 18:33:10.60 ID:sHFvyrQN0
豊臣政権が続いてたら大坂が首都だったの?


301:名無しさん@涙目です。(関東):2011/07/18(月) 18:48:34.58 ID:nfHaZNFUO
>>295
いやたぶん首都はあくまでも京都で、
経済中心都市が大阪と名古屋が二分。
東京は仙台と同レベルの都市で、太平洋戦争でもスルーされてるレベルだと思う。
かなりマジレス。


321:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/07/18(月) 22:44:10.84 ID:y2dhalR10
>>301
そうなると日本には世界都市なんて存在し得なかっただろうな


133:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/07/17(日) 19:28:38.73 ID:OjsTpZ4z0
太閤蔵入地200万石とは別個に秀次は尾張、伊勢に100万石持ってるから
秀頼が生まれず秀次が殺されずに済んだのなら蔵入地が300万石以上になり石高でも家康を上回れた

つか家臣の家康が天下人より石高が上の時点で豊臣政権は脆弱すぎ


147:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/07/17(日) 20:49:53.76 ID:qvfVx9/50
秀次がいたとしても、秀吉が死んだら秀次派、秀頼派に分かれて権力争いが起って、
それに便乗した家康が味方したほうが勝って、それで家康が№2としての権力を握って、
いずれ主君を追い落として自分がトップになってると思う。
結局の所多少前後はしても徳川家が権力を握っていた事に変わりは無いと思う。


170:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/07/17(日) 23:01:31.48 ID:bhxWGOA80
秀次が正式に継いでたら、少なくとも当面の内紛が回避出来る様に見えて、

秀次の治世に反発する一派が家康に働きかけ、
そして家康が秀頼を担ぎ出すという「秀頼ルート」が成立。

真の後継者は直々に関白の座を譲り受けた秀次か?
それとも秀吉の唯一の男子である秀頼か?

これをテーマに結局関が原→徳川幕府な流れになってるわきっと。


176:名無しさん@涙目です。(滋賀県):2011/07/17(日) 23:20:50.34 ID:vTVz9VHq0
>>170
なんかタイムループものみたいな展開だな

平和な徳川幕府の時代も悪くないけど、
いろいろな意味で日本人のメンタリティが固定されてしまった時代だから
if展開できるなら違うゴールをみてみたいな


182:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/17(日) 23:38:56.56 ID:v6Ba8vwx0
まあ秀次じゃ前田、徳川辺りに頭が上がらんだろうから
傀儡政権になってた可能性は高い
家中分裂は避けられないだろう



183:都心3区民(東京都):2011/07/17(日) 23:56:46.14 ID:8pK3/3Ws0
まあ長生きした家康公の勝利だわなw

どう転んだって、政略結婚で自分の孫を天下人にしてたはず。


206:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/07/18(月) 09:22:20.19 ID:81gvllfjP
豊臣家が天皇家になってたかもな


207:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/07/18(月) 09:27:51.73 ID:MJ9/7Ixa0
>>206
豊臣完子の例を考えると、
血脈的に五摂家・皇室とも豊臣氏と一体になったよな気はするな。
実権失っても、公家としては残ったろうね。


224:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/18(月) 11:51:57.63 ID:mwRIdspq0
当時の秀次の心境を考えると微妙だな
自分は養子だけど甥でもありまがりなりにも秀吉の血縁者
それに比べて秀頼はどう見ても不義の子だしなぁ

淀に豊臣を滅茶苦茶にされるという危機感を持ってたかも知れんし
家督を返上しなかった事がそこまで叩かれる事では無いと思う

想定外だったのが秀吉が実子かどうか疑わしいにもかかわらず
秀頼を溺愛した事だな


278:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/07/18(月) 15:46:11.71 ID:JUEtBROs0
駒姫をぶっ殺した秀吉許さねぇ


279:都心3区民(東京都):2011/07/18(月) 16:06:27.24 ID:UPMnAgjk0
何で駒姫限定なんだよwww


281:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/07/18(月) 16:19:16.60 ID:dAKINclmO
>>279
嫁いで3日くらいじゃなかったか?


292:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/07/18(月) 17:40:44.17 ID:z0+mMNcP0
>>281
いや、まだ東北から着いたばかりでカラダを休めてるところだった
処女のまま殺されてしまった

その後、駒姫の母親は急死したらしい。自殺かもね。


308:名無しさん@涙目です。(山形県):2011/07/18(月) 19:13:41.57 ID:BtV9xf+W0
秀次が九戸の乱鎮圧で来たときに東国一の美人と言われる駒姫の噂を聞く。
「そんな美人なら側室にしてやんよ。俺関白やし」とやんわり拒否る最上家を恫喝。
権力者には逆らえんと娘を大坂に送った直後に秀次が謀反疑惑で切腹。
秀次に会ったことすらない駒姫もついでに処刑。
助命嘆願するも連座で最上家も取り潰しの危機。
それをとりなしてくれたのが家康。


318:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/18(月) 21:46:40.71 ID:Hc0FAw050
信長が死んだ跡の秀吉が神がかっていたように、秀吉死後の家康も神がかっていた。
わずか2年で豊臣恩顧の子飼い大名を多数取り込み、五大老の前田を屈服、
上杉も屈服寸前。
少なくとも豊臣恩顧をまとめるきる力量がないと相手にもならない。


322:名無しさん@涙目です。(滋賀県):2011/07/18(月) 23:09:17.57 ID:shTJzoEh0
ちょっと昔の史観だと明治政府の正当性のために徳川ディスって秀吉推しな感じだったが、
戦後になってちょっと変わったかと思いきや、重商政策的な意味で豊臣推しがあったり、
いやいや平和な江戸時代を再評価すべきで鎖国は制限交易だとか
マニファクチュアが構築されていたのですぐに産業革命に追いつけたとか言う人もいてなんか面白い


180:名無しさん@涙目です。(中国四国):2011/07/17(日) 23:30:00.91 ID:+N0/k6uC0
近江八幡はそこそこ雰囲気あって見所もあるのにな
肝心の秀次が切腹という憂き目を見たせいでイマイチ町おこし出来ない
普通に後見役として大坂の陣で戦没出来てればもう少し印象も変わってるだろうに
漠然と無能の犯罪者みたいな当時の悪評が今だに尾を引いてる







有明の月―豊臣秀次の生涯

サイト移転しました。
http://arescape.net/








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。