旅行・写真スレが多めの2ちゃんねるまとめサイト跡地

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサー広告 | CM(-) | [ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のマジキチな風習教えて

このエントリーをはてなブックマークに追加 オカルト系 | CM(-) | [ 2011/04/29 19:30 ]
0807p70925-m.jpg

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:02:39.02 ID:f9BTGMUU0

纏足とかそんなの
日本の切腹も他国から見たらマジキチなんだろうね



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:04:06.23 ID:0WC/Zdp/0

バンジーも元々マジキチ風習だし



※以下、文章のみですが一部残酷な描写があります



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:58:58.60 ID:dfguX2GB0

そういえば中国で昔足が小さい女の子がもてるとかいって小さくなる様に育てる風習があったって見たことある。
なんでも足が小さいと歩くときフラフラするからそれが可愛いんだと。


69: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/29(金) 02:04:46.93 ID:OC8Wx5S0i

>>62
それが纏足だな


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:04:14.51 ID:66qfyyqP0

纏足は具体的には親指以外の足の指が全部下向いて踵が短く高くなってる
足の骨格がハイヒール見たいな形になる


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:07:48.55 ID:LO7Z3rNnP

未亡人の存在が許されない。旦那が死んだらヨメは焼き殺される。
パキスタンだったかな。


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:15:49.69 ID:D/4nNOYN0

>>11
似たのがインドの風習にもあるな
夫が死んだら窓の無い土蔵みたいなのから一生出てこないか
外には出られるけど白いブルカを着て一生村八分とか
親戚一同が見守る中焼身自殺しなきゃいけないとか
ごく最近まで行われてたっていうのが恐い


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:08:26.14 ID:9DhXgUep0

日本
幼児の頭に板?を括りつけてそのまま成長させる
頭が平坦になり多分脳も圧迫を受けて障害が出てた
弥生時代だけどなー


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:09:55.09 ID:S0VFJ5LS0

アマゾンの源流付近に住むヤノマミ族は産気づいた妊婦は森の奥に向かう

子供が生まれるとその子を育てるか、殺すかを直感で決め、殺す場合バナナの葉にくるんで蟻塚の中に埋める


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:13:40.35 ID:6qR7yd9U0

>>15
蟻塚とかやべえな …


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:20:02.21 ID:S0VFJ5LS0

>>20
>>15では「殺す」という表現を使ったけど、実際は「森の精霊にお返しする」という認識の上で行われているらしい

もともと食料事情も良くはなく、生命は精霊の元で発生するという発想が結びつき、口減らしの習慣が神事化したとのこと

これを見ると生命に対する倫理観がいかに曖昧なものかが分かってちょっとへこむ・・・


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:24:54.04 ID:F6TjBK7p0

アフリカのある地域ではアルビノの人間(白子症)の肉は健康長寿に良いと信じられているので
彼らが喰われる事件が跡を絶たない


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:29:29.77 ID:iiz6eEXd0

>>31
たしかルワンダ
体の部位が超高値で取引される万能薬


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:25:48.45 ID:yXTClVNS0

首輪大量にはめてるあれは嫌だきめぇ
首が長い奴のどこが美人なんだよしかも長い方が美人とかキモさ倍増じゃねーか



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:32:40.78 ID:6qR7yd9U0

>>32
あれって首輪の重さでなで肩に成り、首が伸びているように見えるんだよね?


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:35:54.25 ID:yXTClVNS0

>>43
それかどうかは知らんが金色の首輪めちゃくちゃいっぱいはめてたのは覚えてる


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:41:52.73 ID:6qR7yd9U0

>>46
重さ関係ないなら是非とも脚を伸ばしたいな、と思った


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:49:48.76 ID:D/4nNOYN0

>>49
金のネジネジ飾りを着ける事で首の骨と骨の間が離れていくのと
飾りの重さで肩が下がるから首が長くなるんだと


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:29:23.47 ID:S0VFJ5LS0

FGM(女性割礼)

アフリカ諸国の広い地域で現代でも通例的に行われている女性の割礼がある

幼い女の子のクリトリスをカミソリで落とすものが一般的でかなり凄惨な儀式
地域によっては女性器を糸で縫い塞いだり、縦に切り込みを入れ入口を広くしたりと様々で死亡例も多々ある
また出産時、難産になる傾向も見られている

現在では女性差別の対象であると各国から非難が上がり始め、取り締まっていく運動も起きている


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:35:01.11 ID:EmBZuVMg0

目には目を歯には歯を精神が根強い国は怖い
例えば息子の歯が折らせた奴に対して親が全力で歯を折りに来るとか



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:38:00.79 ID:nkGQLzbk0

>>45
エジプトとかだっけ
あそこらへんは親が子供に「殴られたらちゃんと殴り返せ」
とかいう教育してるみたいだけどそれは大きく言いすぎかと


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:51:21.31 ID:EmBZuVMg0

>>48
オセアニアだか南アジア周辺だとは聞いた事がある
腕折られたら夜襲してでも折るのは当たり前みたいらしいな


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:47:23.29 ID:S0VFJ5LS0

風習ではないけど気になるもの

アメリカ北部の原住民クリー族には「ウェンディゴ憑き」と呼ばれるその地域にしか見られない特殊な精神疾患が存在する
症状は一般的に酷い渇きと幻覚、強烈な食人衝動で、これによる殺人事件も稀に起きる

この地域の神話にはウェンディゴの悪魔という森に住む氷の精霊がしばしば登場し、患者は皆共通に「ウェンディゴの悪魔を見た」などと言うような幻覚を見ることからこの名が付いたとされる

研究されはじめた当初、現地人の偏った栄養失調が原因ではないか、このクリー族にだけ発症する遺伝的な原因ではないかと考えられたが、栄養状態が万全でも新たに入居した人間でも発症することが分かった

現在「風土的精神疾患」という訳の分からないカテゴライズがされている



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:47:39.27 ID:f9BTGMUU0

桃娘(タオニャン・トウニャン)
中国に秦の時代から伝わる(というフレコミ)性玩具として珍重されてきた
女の子の名称。
食事に桃だけを与え故意に糖尿病にした女の子で、その尿は(糖尿なので)
甘くフルーティー。
直接の性的交渉は持たず、出る汗や尿などを舐めたり、飲用する。
彼女たちは当然だが長生きなどできるわけがなく、最後は合併症で失明し
身体も動かなくなり、やがて多臓器不全で死んでしまう。
回春効果を信じてる人々がやるそうなので、その処女性も大切だったらしい。


52: ◆J......... :2011/04/29(金) 01:49:35.06 ID:nj7jVFV10

>>51
ひどすぎワロえない


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:57:02.16 ID:S0VFJ5LS0

アステカの双子の儀式

人身御供がよく知られるアステカの文明だが、双子の成人の儀式もマジキチ

双子が生まれると別々の牢屋に閉じ込め、「人ではないもの」として13年間そこで丁重に育てられる
成長し牢から出されると武器を持たされ初めて出会った双子の兄弟と殺し合いを強要され、生き残った方が文字どおり「成人」となる


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:58:19.85 ID:oABFgkOV0

>>59
頭沸いてるな


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:58:55.18 ID:f9BTGMUU0

>>59
初めて聞いたけど映画みたいな展開だな


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:13:46.56 ID:S0VFJ5LS0

ワニの紋様

パプワニューギニア・セピック川流域の成人の儀式は背中にワニの模様を刻むというもの

これが非常に凄惨で背中一面の皮膚を村長のデザインした模様常にカミソリで削ぎ、そこに特殊な樹液を塗って傷口を膨らませることでワニの模様を作るというもの

勿論筆舌に表せられない程の激痛の様で執刀中に逃げ出そうとするもの、気絶するもの、嘔吐するもの、失禁するものと様々

血を水で洗い流す作業が痛みのピークで、その工程でショック死したものも数例ある


82: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/04/29(金) 02:17:56.83 ID:F6TjBK7p0

>>77
テレビで見たことあるけどこっちまで吐きたくなったのを思い出した


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:15:08.85 ID:AejMCaGy0

古代の日本や中国では人肉食が存在した


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:21:36.67 ID:S0VFJ5LS0

>>80
日本の食人文化についてはかなり調べたけど、飢饉などの特別な状況下以外は有史以来ほとんどないみたいだぞ

まれーに逸話が口伝で残ってる程度


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:23:11.91 ID:AejMCaGy0

>>88
古代ってのは、有史以前の話
文明化はされていないが、文化があった時期、つまり、弥生以前
食人『文化』と言えるのは、その時くらいだろ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:25:31.69 ID:S0VFJ5LS0

>>91
人を調理した可能性のある骨が見つかったとかそんなん?


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:27:25.64 ID:AejMCaGy0

>>96
調理と言うか、食うための解体の疵があったそうだ
つまり、肉を骨から剥がす場合に付く疵
まあ、と言っても、そもそも神事みたいなものだったそうだがね


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:33:18.01 ID:AejMCaGy0

古代ローマでは処女は処刑できない
だから、処女を処刑するときは、強姦してから処刑する
そして、その規則は少女だろうが幼女だろうが適用される



104: 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 :2011/04/29(金) 02:39:03.79 ID:2j+nO6FQ0

>>102
ちょっとローマいってくる


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 02:45:46.12 ID:AejMCaGy0

>>104
2000年以上前のローマにか


270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 15:01:18.29 ID:zzFOXgCH0

>>102
超亀だけど、少女はまだわかるとして(万引きとか?)幼女処刑ってどんな理由なんだろう


274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 15:08:09.26 ID:S0VFJ5LS0

>>270
万引きで処刑になる国は聞いたことないけど、家長が国家反逆などの大罪を犯して一家全員が処刑されるのはよくある


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:05:39.69 ID:5OLo1Zma0

こうやってみてると動物のほうが無駄の無い賢い生き方してると思うな…

動物→生命として生きるため最低限の殺生、戦い。
人間→宗教、快楽、思想その他で生命として生きるために必要の無い殺生。戦い。

上手く言えんが…
勉強できるのと頭がいいのは違うっていうのと同じ感じで、知能は高いが人間ってマジで馬鹿なんじゃね


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:08:03.21 ID:B3ZIEdXSO

>>118
他の動物より知能がある分余計な事を思いつくんだろうな。


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:41:50.48 ID:IHokWF3JO

>>118
ある意味スレタイとも合ってるのだが、動物も知能が高いとされてる種は無意味な殺生をするよ

イルカはケガしたりして見た目が変わった(人間で言うとブサイクな)仲間を集団でいじめて自殺に追い込んだりする。
シャチはアシカを体当たりで空中に放り出して痛めつけるだけ痛めつけて、死んだらそのまま食わずにすてたり
猫がネズミの死体を飼い主にわたすのも食べ物としてじゃないし。


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:22:28.17 ID:S0VFJ5LS0

ちょっと嫌な話、ケルト民話「罪食い」の風習

村で死者が出た場合、故人の生前に犯した罪と業を請け負う「罪食い」と呼ばれる職業が存在した

死者は一晩家に置かねばならないが、その間悪霊が故人の体を乗っ取るのを防ぐため見張りを置かなければならない、が多くの人はこれを嫌がった

それを回避するため、死者に悪霊から身を守るため額に銀貨を乗せるのだが、この銀貨には負の呪いと生前に犯した罪と業が蓄積されていると考えられており、生者は絶対に触ってはいけないとされた

そこでコインの処理の為に罪食いと呼ばれる役目の人物を置くのだが大抵が旅人か浮浪者、どこからか連れてきた人間をこの役に据える

することは単純、コインをもらうだけなのだが、死者の額に置いてあるコインを口でとらなければならない
この際死者の罪は罪食いに乗り移る

コインはそのまま報酬となるのだが、正直あまりいい気がしない


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:38:15.72 ID:XHYRMN+C0

>>130
日本でも、賤民と言われるような人たちはもともと、聖なる力でもってケガレをハラウ役目の人たちなんだよね

それが聖性を失うと、この罪食いの話みたいに卑しい仕事と見られるようになるし、
それが社会階層として固定化されると、いわゆる部落差別ができあがる、と


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:48:04.03 ID:5OLo1Zma0

首長族とか、纏足みたいな美的感覚系でアフリカかどっかの民族で下唇に皿入れてビロンビロンにしてるやつは痛すぎて見てられん。

現代のピアスホール拡大も見てられぬ。


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 03:52:10.14 ID:S0VFJ5LS0

>>141
ありゃあ今は完全に観光資源として続けてるだけなんだってさ

まぁ人体改造が観光資源ってのもマジキチ度高いけど



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 05:04:19.99 ID:+5hLPw+7i

何気に日本の切腹はヤバイっしょ
自分で自分の腹切るとかキチガイじみてる
あと大奥とかも他所から見たらおかしい風習なんじゃね?



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 05:08:24.52 ID:M49qqLt40

>>184
切腹って言ってもグサッと切った後すぐに斬首してくれるから案外楽だと思うけどな
でもギロチン実験のまばたきのコピペみたいに痛いのかも・・・


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 05:10:26.39 ID:sqCjsIO90

>>186
最終的には扇子で腹切る仕草するだけになっちゃったしな


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 10:41:26.57 ID:+NereBWa0

武士の切腹って実際は扇子を腹に当てる仕草をしたら介錯が首はねたんだそうだ
普通の精神状態で自分で腹切るとか無理だし


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 10:46:25.85 ID:ENBsj9Y50

>>231
そんなのは江戸時代とかヘタレ用だろ最低自分の腹に刃は刺してから介錯だろ


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 10:51:07.78 ID:XWlVO5WEO

>>231
それ身分高い人の打ち首
責任取る→切腹 懲罰→打ち首だけど
打ち首は不名誉だから気分だけでも切腹にしてあげるってだけ
切腹ならその後おとがめ無しなんだけど
打ち首は家取り潰しだけで済まなくなることが多い


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 06:48:13.29 ID:YUlAQEyw0

風習ってか罪人に刺青って日本だけの文化なの?
海外じゃオサレのみっぽいけど


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 06:49:53.05 ID:L6CP3bom0

>>207
罪人に刺青は中国じゃ古代からあるぞ
他の国はよく知らんが


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 06:55:27.29 ID:GEk+qARfO

>>208ナチスなんかもやってたし、世界にある
日本では縄文とか弥生辺りには既にあったそう

今みたいに手軽なファッション感覚として普及をしたのは、たぶん世界でも最強


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 06:59:44.15 ID:w6VJ4ybnO

前にテレビで見たどっかの原住民の
男だけ、16歳くらいになると背中に民族の証みたいのを彫られる
普通にナイフでザクザクやって、死ぬ人もいるらしい
それでもそれを受けないと男として認められなくて、結婚もできないとか
番組でやってたのは、30くらいになってまだチャレンジできないって男のドキュメンタリーみたいのやつだった


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 12:00:08.71 ID:8YRKqYjb0

>>212
世界まる見えかな?


309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 15:52:07.53 ID:e+Rwd23FO

コートジボワールのどこかの村だと12歳になった娘を集めて
全裸にさせて踊らせる儀式があったよ
政府に全裸を禁止された後は上半身だけ裸にさせてただ座らせてるだけになった
でもそれも禁止させられたんだけど
でも一部の村では女の立場が強くならないように今でも全裸にさせてるらしい


327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 16:12:15.52 ID:2OcmnY5X0

>>309
スワジランドだと、王様が嫁選びのために
下は5歳から一日中裸踊りさせるらしいぜ?

そんな王様はもう十数人の嫁を娶ってる


326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 16:11:29.34 ID:XIrbKtqL0

偉大なる半島文化「試し腹」
朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。
「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。
故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる。
これを「試し腹」と言います。
産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。
自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した悪しき習慣だそうです。

日帝が禁止した朝鮮半島の悪しき風習だそうです。


332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 16:35:39.60 ID:4bOtKsc80

【レス抽出】
対象スレ:世界のマジキチな風習教えて
キーワード:鳥葬

抽出レス数:0


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E8%91%AC


334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 17:07:42.81 ID:2V1BfqGj0

>>332
oh…


340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 17:14:28.47 ID:rKufVb330

空葬は行為自体の見た目はマジキチに思えたけど思想自体はなんか素敵じゃね


342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 17:16:04.78 ID:YHTik1+Z0

つか遺体なんて価値無いんだし、あんな金かけてまつる必要ねえよな


343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 17:17:31.95 ID:pAki7K4/0

もっと言うなら生きてるうちに何するかが重要であって
死んだあとなんて吹きさらしでも構わんわ
それよりHDDの後処理のほうが心配だと思う







本当は怖い日本の風習としきたり

サイト移転しました。
http://arescape.net/








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。